CONTENTS

なぜいま「静的ウェブサイト開発」が注目されているのでしょうか。 大きな理由として、Wordpress に代表されるコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を運用するうえで、3 つの課題があるからです。

セキュリティ:CMS のほとんどは定期的にバージョンアップされます。バージョンアップでの変更点が小さければ、大きな問題にはなりませんが、大幅なアップデートであれば注意が必要です。インストールしたプラグインや拡張機能との整合性が合わなくなり、サイトに不具合が発生することがあるからです。たとえば、突然ページのレイアウトが崩れたり、問い合わせフォームの動作がおかしくなるなどが発生します。

パフォーマンス:「ページの読み込みスピードが遅い」といった問題は、CMS が動的にページを生成するという仕組み上、なかなか避けることはできません。性能に関係なくウェブサイトを設置したいのであれば、ここは問題にはなりません。しかし、サイトを通じてのブランディングやSEOへ取り組むのであれば、サイトの流入数や離脱率をよくするために、少しでも高速なサイトを作るべきでしょう。

メンテナンス: CMS を導入した場合「定期メンテナンス」の予算が必要です。CMS のバージョンアップに伴う互換性チェックや、不具合対応、バックアップ、サーバー側のアップデート対応も必要となります。「バージョンアップはしない」という乱暴な考え方もありますが、セキュリティーホールが手当できず、深刻な問題につながることがあります。

当社では静的サイトジェネレーター HUGOにて、速やかに静的ウェブサイトを構築します。ユーザー様における現状の理解から改善策の立案については、当社のプロフェッショナルへご相談ください。

静的・動的 CMS との違い

項目 静的 動的 CMS
パフォーマンス 良い 中〜高
セキュリティ 非常に良い 中〜低
インフラ 単純 より複雑
バックアップ 容易 より難しい
データ駆動化 できない できる
コンテンツ更新 ファイル単位 レコード単位
デザイン 自由 テーマによる
バージョンアップ 任意 継続的かつ脆弱

事例

サイト:当社コーポレートサイト

課題:当社はかつて様々なシステムを利用して、ウェブサイトを構築してきました。FrontPage、IBM ホームページビルダー、DreamWeaver などです。近年では WordPress を使いましたが、本体とプラグインのバージョンアップにより不具合が発生し、頭を悩ませていました。セキュリティ脆弱性の観点でも不安がありました。

ソリューション:データベースを必要としないサイトであれば、「静的サイトジェネレーター」で十分です。Azure Static Web Appsがリリースされたことを契機に、静的コードジェネレーターへ移行することを決定して、「シンプルな開発環境」「早く構築できる」「管理が楽」なツールをじっくり探しました。そして Google Go 言語で開発された Hugo という静的サイトジェネレータを選定。その結果、サイト運用担当の時間的、精神的な負担が減り、コンテンツ制作の生産性が高まりました。

性能PageSpeed Insightsにて、任意の当社コーポレートサイトの URL を入力すると、Google によりパフォーマンスが高いことが確認できます。

EXAMPLE

サービス例

期間
  • 随時
契約
  • 計画立案および設計:準委任契約
  • 製作:請負契約
納品物

基本セット

  • 現状把握と貴社ソリューションの理解
  • ゴール設計、マイルストーン策定
  • 要件定義書作成
  • 基本設計書作成
  • プロトタイプ/POC 作成
  • レビューミーティングの実施

設計

  • コンテンツ配置設計
  • ナビゲーション設計
  • パフォーマンス設計
  • キャッシュ設計

貴社の IT チームとして

  • AMP スペシャリスト
  • HTML/CSS コーダー

運用

  • システム利用状況の分析
  • 改善施策の立案
  • サポートデスク
  • 管理者向け機能説明

MORE INFORMATION

詳細については、以下のフォームからお問い合わせください

お名前を入力してください
お名前を入力してください
会社名を入力してください
メールアドレスを入力してください
部門を選択してください
役職を選択してください
「個人情報利用に同意します」をチェックしてください
送信に失敗しました。暫くしてからもう一度送信してください。